年収の大きさと借り入れ

キャッシングやローンの審査で気になる項目の1つに年収があります。現在は正社員であっても年収が300万円未満というのも珍しくはありません。消費者金融は年収が低いからといって申込みを断られません。問題なのは審査であって、年収が低いからといってあきらめる必要は全くありません。ただし、年収が低い場合には1つだけ知っておくべき注意点があります。

 

年収が低い時に特に注意したいのが年収の1/3という数字です。消費者金融では、年収の1/3を超える金額の借入れができません。例えば年収が150万円だとしても申込みは可能ですが、審査に通る可能性があるのは、年収の1/3の50万円までです。

 

これは消費者金融側が意地悪をしているわけではなく、総量規制という法律によって決まっています。過剰な借入れによる破産を防ぐ目的で、年収の1/3を超える金額の貸付けが禁止されているのです。

 

ちなみに、年収の1/3までという考え方は、他社の借入れも含めた金額です。例えば年収が150万円なら限度額は最高50万円までです。ただし、すでに他社で40万円借入れしている場合、残りの10万円までしか申込みはできません。どうしても年収の1/3を超える金額の借入れがしたい場合には、銀行系のカードローンを選択するという方法もあります。

 

年収の1/3以上の借り入れ、大きな金額での枠を借りるならオリックス銀行借り入れが人気で評判です。