主婦でも借りられるのか

主婦の場合でも、申込み条件は基本的に変わりません。安定した収入があるならば、主婦であっても消費者金融の申込みは可能です。例えばパートであっても、働いているならば消費者金融の申込み条件は満たしています。

 

主婦の多くは収入がそれ程多くないため、消費者金融の利用は無理だと思いがちです。しかし、消費者金融側でも女性専用キャッシング窓口を用意するなど、主婦でも利用がしやすい環境を整えています。総量規制によって年収の1/3を超える金額の借入れができないですが、そこさえ気を付ければ申込みは可能です。

 

ただし、同じ主婦でも収入のない専業主婦の場合には話が変わってきます。結論からいうと、専業主婦は消費者金融での借入れはできません。総量規制があるので、年収のない専業主婦は1円も借入れができないからです。法律上は配偶者の収入があれば申込み可能なのですが、同意書や年収証明などが面倒なので、消費者金融側でも融資を断っているのが現状です。

 

もしも専業主婦でもお金を借りたいのであれば、他の方法があります。銀行系カードローンなら総量規制の対象外なので、専業主婦への貸付けを行っているところがあります。ただし限度額は低めで、20万円~50万円程度が相場です。

 

主婦に人気のカードローンとなるソニー銀行のカードローンは、専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば10万円まで利用が可能です。審査の基準や専業主婦の利用についてはソニー銀行カードローン主婦審査を見てください。